Instagramに投稿する用の写真を撮影する人

インスタグラムってこんな注意点と疑問があるの2019年2月の記事一覧

  • urlを載せたければプロフィールしかない?

    インスタグラムのプロフィール画面や投稿したコンテンツのキャプション内には、ホームページなどのURLを記載できます。 自己紹介欄にのみURLを記載できるというわけではありません。 ただし投稿したコンテンツのキャプション内にURLを記載した場合には、リンクを貼ることができないので注意が必要です。 ホームページなどへのリンクを貼りたい場合には、必ずプロフィール画面にURLを記載します。 リンクを貼るのは非常に簡単です。 プロフィールの編集画面にはURLをコピペする場所があります。 コピペしたら完了ボタンをタップすればプロフィールに反映されます。 インスタグラムのアプリには異なるバージョンが存在します。 古いバージョンでは、自己紹介欄を直接入力する際に改行ができない場合があります。 改行ができない場合には、メモ帳などに自己紹介を記載してからコピペすることができます。 またスマートフォンのアプリではなく、パソコンから直接入力することも可能です。 最新版のアプリであれば、直接入力で改行ができます。 改行ができない場合には、新しいアプリをアップデートするのも1つの方法です。 プロフィール画面を充実させることが、フォロワーの増やすためには必要となります。 インスタグラムは写真や動画が主なコンテンツとされます。 視覚的に強い印象を与えることができるため、企業の宣伝活動にも有効です。 より効果的にインスタグラムを活用するにはフォロワー数の増加が必要になります。 フォロワーを増やすためには、プロフィール画面の記載と質の高いコンテンツが重要です。 企業がアカウントを作成する場合には、ホームページなどのURLをプロフィール画面に記載する必要があります。 投稿するコンテンツのキャプション内に記載してアピールすることもできますが、自己紹介欄にURLを記載するとリンクを貼ることができるため効果的です。 質の高いコンテンツを投稿することがフォロワーを増やす上で重要です。 また投稿する量は1日に1個から3個程度にする必要があります。 大量の投稿はフォロワーのタイムラインを埋めるため、不快感を与える可能性があります。 また質の高いコンテンツでも、大量に投稿すると1個あたりの価値が下がります。 効果的に商品やサービスをアピールするには、厳選されたコンテンツを適切な頻度で投稿することが重要です。 プロフィール画面やコンテンツのキャプション内に記載したURLからホームページなどへ誘導できれば、集客や売上の増加につながります。